非常災害発生時の学校の対応

令和3年度 気象警報・地震発生時の学校の対応について(保存版)
Jアラート発信時の対応

【気象警報発令時の学校の対応について】

1.岸和田市に「特別警報」、「暴風警報」が発令されている(発令された)場合

午前7時現在⇒ 臨時休業

午前7時~始業時間 ⇒ 臨時休業

始業時間以降 ⇒ 授業を中止(繰上げ等)し、下校します。

2.山滝中学校区に「避難情報(高齢者避難・避難指示)」が出ている(出さ れた)場合

午前7時現在⇒ 臨時休業

午前7時~始業時間 ⇒ 臨時休業始業時間以降 ⇒ 授業を中止(繰上げ等)し、下校します。

3.岸和田市に「特別警報」、「暴風警報」以外の警報(大雨警報、洪水警報、波浪警 報、高潮警報等)が発令されている(発令された)場合

 (原則的に)平常通り授業を行います。

②子どもたちの安全確保上問題が生じるおそれがあると判断した場合は ⇒ 授業時間の繰上げ・繰り下げ等の措置を講じる場合があります。

地震発生時の学校の対応について】

1.震度5弱以上

① 登校前(午前7時まで) ⇒ 臨時休業

② 午前7時~始業時間 ⇒ 臨時休業

 ③ 始業時間後 ⇒ 授業中止し、下校します。

④ 休日    ⇒ 翌日は原則、臨時休業

※学校園が安全に学習できる環境に復旧すれば、保護者へ連絡します。

2.震度4以下

原則として、平常通り授業を行います。

※余震の状況、学校施設や通学路の状況等、安全確保上問題が生じている場合は、臨時休業や授業の繰り下げ等の措置を行います。